FC2ブログ
アメリカのドラマ大好きブログ
アメリカのドラマが大好きなので、アメリカのドラマに関する情報を集めてみました。特に24-TWENTY FOURが大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24-TWENTY FOURについて
24 TWENTY FOUR(トゥウェンティフォー)はアメリカのFOX製作のテレビドラマ(海外ドラマ)。24時間の出来事を1話1時間としてリアルタイムで描く(ただし番組自体はCMを除くと45分間程度)。アメリカの連邦機関のロサンゼルス支局の捜査官ジャック・バウアーとその同僚や家族を巻き込んだアクション・サスペンス。
[24-TWENTY FOURについて]の続きを読む
X-ファイルについて
『Xファイル』(えっくすファイル、The X-Files)は、1993年から2002年にかけてアメリカで製作されたSFテレビドラマ(海外ドラマ)。
超常現象をテーマにしたストーリー展開、映画並みの迫力で展開するロケによる描写などが話題となり世界中で流行した。 製作総指揮は、クリス・カーター。 全9シーズン 202話が製作された。

[X-ファイルについて]の続きを読む
トゥルー・コーリングについて
『TRU CALLING-トゥルー・コーリング』はアメリカ合衆国FOXネットワークで放送された海外ドラマである。(2003年10月30日~2005年04月21日)製作総指揮はジョン・ハーモン・フェルドマン。セルもしくはレンタルされており、テレビ東京(関東ローカル)で放送。
[トゥルー・コーリングについて]の続きを読む
Heroes /ヒーローズがブレイク-「ヒロ・ナカムラ」
Heroes /ヒーローズがアメリカで大人気のようです。

あの24も凌ぐ人気のアメリカドラマで、秋からは日本でも

放送されるようです。

このドラマはなんと、「ドラマシリーズ部門作品賞」

「ドラマシリーズ部門助演男優賞」を含む8部門で

ノミネートされたのですから、その作品の完成度も

間違いないですよね。

中でも注目の俳優はヒロ・ナカムラ役を演じている、岡政偉(おか まさより)。

彼はなんとIQが180という天才児として米タイム誌に紹介されるほど。

そんな彼が「ん~」と特殊能力を出すときの顔と、

やったー!」という叫び声をあげて喜んでいるのが

とても受けたようで、とても大ブレイクしているのです。

今後の展開にも期待大ですね。

シーズン2では、あの田村英里子がヒロのヒロイン役をするそうですが、

本人はここまでになるとは思っていたのかなぁ。
CSI:マイアミ コンプリートBOX 2 |デヴィッド・カルーソ
CSI:マイアミ コンプリートBOX 2CSI:マイアミ コンプリートBOX 2
出演:ジェリー・ブラッカイマー /キャロル・メンデルソーン /アン・ドナヒュー
ポニーキャニオン
発売日 2005-10-19
定価:¥13,440(税込)
価格:¥12,096(税込)
オススメ度:★★★★★



はまります!! 2005-10-18
冷静なラスベガスのグリッソムに対し、若干醒めた感じのマイアミのホレイシ
ョ。小生は、ラスベガスの本家CSIから観ていたので、最初はマイアミなん
か2番手だと思って観ておりました。しかし、観始めて、3話4話辺りからグイ
グイ引っ張り込まれて行きました。冷静なグリッソムとは対照的な、クールな
ホレイショですが、悪いヤツラにゃそのクールさが怖い。
今さらですが、
普通に観ていても豆知識一杯の作品。
ミクロの証拠から犯罪を暴くCSI
がいる限り、悪い事は出来ないなと改めて思い知らされます。


さらに詳しい情報はコチラ≫


CSI:3 科学捜査班 コンプリートBOX1 |ウィリアム・ピーターセン
CSI:3 科学捜査班 コンプリートBOX1CSI:3 科学捜査班 コンプリートBOX1
出演:ジェリー・ブラッカイマー /キャロル・メンデルソーン /アン・ドナヒュー
ポニーキャニオン
発売日 2006-02-24
定価:¥13,440(税込)
価格:¥12,096(税込)


殺人と、犯行後の密告屋は「CSI:Crime Scene Investigasion(CSI:科学捜査
班)」に欠かせないテーマである。CBSテレビで2000年10月6日から放送されて
以来、「CSI」は視聴率競争で勝利を収め、スピンオフ番組(「CSI:Miami(CS
I:マイアミ)」を生み、「CSI」自体も長いこと好評を博している。シーズン1
では製作者のアンソニー・ズイカーの間違いない公式が早いうちから確立され
ていること、すばらしいキャストによって内容が強化されていること、エピソ
ードが進むにつれて微調整が最小限に抑えられていくことが明らかになってい
る。ラスベガスを拠点にする「犯罪学者」たちが、やがて「CSI(科学捜査
班)」となり、科学捜査の細部に没頭していくが、圧倒的な(そして尽きるこ
とのないと思われる)死体の山と彼らを取り巻くミステリーとともに、番組は
完全に原形を保つ。『セブン』や『コレクター』の映像に影響されて、「CS
I」は不健全さと冷静な方法論とを組み合わせている。観客は捜査方法に夢中
になるあまり、詳しい死体解剖の様子や、傷つけられた肉、骨、腱の内部の画
像(デジタルのアニメ画像だが)を観ても動じないのだ。
最新の技術に遅れを取ることなく、悪人の才能(と過ちを犯しやすい性格)
を主人公たちの魅力的な人間性と合わせて表現している。主任で昆虫学者のギ
ル・グリッソム(プロデューサーの1人でもあるウィリアム・ピーターセン)
は内向的だが倫理感が強い。夜間も働くチームの指導者でもあり、道徳的指針
でもある。チームには元ストリッパー(マーグ・ヘルゲンバーガー)、ギャン
ブル癖を直そうとしている者(ゲイリー・ドゥーダン)、仕事熱心だが改善の
余地のある者(ジョージ・イーズ)、仕事熱心で担当した事件から感情的に抜
けられなくなる者(ジョージャ・フォックス)、チームと警察本部をつないで
いる欠かせないチーフ(ポール・ギルフォイル)がいる。「Xファイル」同
様、「CSI」も映画化に値する内容で登場人物を支えており、『羅生門』のよ
うに殺人がだんだん因果関係の詳しい検証に伸展していく構造を取っている。
脚本の質は一貫して高く(「惨劇の家:原題Blood Drops」「高度3万フィート
の密室殺人:原題Unfriendly Skies」は特にすばらしい)、監督術も巧妙で洗
練されており、ミステリーは複雑で多様な見方ができる。DVDならではの特典
に乏しいのは残念だが、「CSI」のシーズン1は、DVD化されても、オンエア時
の高い評判に値する、観たら病みつきになる作品である。(Jeff Shannon, Am
azon.com)


さらに詳しい情報はコチラ≫


Csi
Csi: Miami - Complete Third Season (7pc) (Ws)Csi: Miami - Complete Third Season (7pc) (Ws)
出演:

発売日 2005-11-22
価格:¥9,639(税込)


「CSI」シリーズはそれぞれ場所によって独自色がある。ラスベガスのシリー
ズは、くすんだ怪しげな緑、ニューヨークのシリーズは、陰鬱な青だ。それに
対してマイアミのシリーズは、シトラスイエローとオレンジをふんだんに混ぜ
合わせた色で、主演のデヴィッド・カルーソの髪の毛のように明るい。マッス
ル・ビーチのショットと芳しいヤシの木の映像にもかかわらず、不気味な犯罪
現場が解決されるのを待っているのだ。「CSIマイアミ シーズン3」は文字ど
おり衝突音がしてレギュラーのロリー・コクレインが勤務中に殺されるところ
から始まる。彼の死はメンバーに影を落とし、メンバーは礼儀をわきまえてい
くつかのエピソードで彼の名を出す。コクレインの代わりに華やかな新しいキ
ャラクターを加えることはせず、他のシリーズのキャラクターと似た人物が登
場する。1人は若くて未熟なライアン・ウルフ(ジョナサン・トーゴ。「CSI」
のラスベガスシリーズでエリック・スマンダーが演じた若くて未熟なメンバー
と似ている)であり、もう1人はマイアミデイト署にフルタイムで働くことに
なるイェリーナ・サラス(ソフィア・ミロス)で、ニューヨークシリーズのメ
リーナ・カナカレデスのようなラファエロの絵に出てくる美女の役割を果たし
ている。サラスはあまり登場しないが、いまだに彼女に想いを抱いているホレ
イショ・ケインからあこがれの目で見られる。気の毒なことに彼女はケインの
死んだ弟の未亡人なのだ。
マイアミシリーズでの異常な事件は以下の通りである。見習いをつれた斧に
よる殺人者(エリック・ロバーツ)、合コンで死亡するロメオ、処理するため
にボイルされた頭蓋骨のある死体、ヘビのせいで死んでしまうパーティガー
ル、津波が関係する犯罪現場などである。プロのスケートボーダー、トニー・
ホークも、プロのスケートボーダー役で(それ以外に何があるか?)登場し、
ビデオゲームのためにモーション・キャプチャーしているときに殺される人物
になる。本シリーズで最高なのはカルーソで、他のシリーズの主役よりも、ホ
レイショ・ケイン役が板についている。刑事として関係者の口の中に綿棒を入
れて唾液を取ったりすることもあるが、銃を取って凶暴な容疑者と戦ってもい
る。彼はまたTVドラマにしては度を越したドラマティックな間を取るのが大好
きなようだ(「なぜなら。証拠が。語っている。のだ」といった具合)が、楽
しんでやっている。(Ellen A. Kim, Amazon.com)


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/6/18に作成しました。


CSI:科学捜査班 アレックス・ウッズ
アレックス・ウッズ(ALEX WOODS)- カンディ・アレキサンダー(KHANDI ALEXANDER)(CV:弥永和子)
CSI検死官
30代。平凡だがかわいらしい女性検死官。ニューヨーク生まれ。物知りできまじめ。教育、経験、技術をかねそなえており、殺人についての意見などを頻繁に言うため、CSIチームにとってはしばし、骨の折れる相手でもある。
CSI:科学捜査班 ホレイショ・ケイン
ホレイショ・ケイン(HORATIO CAINE)- デヴィッド・カルーソ(DAVID CARUSO)(CV:石塚運昇)
CSI主任(専門分野:放火・爆弾・火薬類)
マイアミ・デイド郡警察科学捜査班の主任で犯罪学者。爆弾処理班に所属後、メーガン・ドナーの代わりに科学捜査班の主任に昇格。45歳。ハンサムだが、どことなくくすぶった感じがする。危険な鋭さを秘めており、正確な記憶力を持ち、盲目的なほど正義に忠実かつシリーズ中トップクラスの子供好き。キューバ人の母親は麻薬密売人によって殺されている。それが影響しているのか、(動機が同情を禁じえないものであったとしても)罪を犯した者に対してはとことん無慈悲である。
CSI:科学捜査班 アル・ロビンス
アル・ロビンス(AL ROBBINS)- ロバート・デヴィッド・ホール(ROBERT DAVID HALL)(CV:西村知道)
CSI検死官
第2シーズンよりレギュラーに昇格。交通事故で両脚を切断し、義足をつけている。優秀な検死医でCSIにとってなくてはならない存在。私生活では妻と数人の子供のいる平穏な家庭人でもあり、一度妻にセクシーな下着を贈って浮気を疑われたことがあるらしい。演じるロバート・デヴィッド・ホール自身も車の事故で脚をなくし、義足である。
CSI:科学捜査班 ジム・ブラス
ジム・ブラス(JIM BRASS)- ポール・ギルフォイル(PAUL GUILFOYLE)(CV:麦人)
市警殺人課警部
ニュージャージー出身。1953年1月3日生まれ。刑事としてラスベガスに赴任後、CSI配属となったが、部下に死者が出たため、第1シーズン2話で殺人課に転属。科学捜査を揶揄するときもあるが、グリッソム達に積極的に協力して事件にあたってゆく、頼もしき存在。私生活では離婚しており、一人娘エリーが殺人事件の容疑者になって板ばさみになったときもある。
CSI:科学捜査班 サラ・サイドル
サラ・サイドル(SARA SIDLE)- ジョージャ・フォックス(JORJA FOX)(CV:浅野まゆみ)
CSI捜査官(特殊技能:要素・元素分析)
サンフランシスコ出身、1971年9月16日生まれ。ハーバード出身の才女で、CSI訓練生だったころにグリッソムの講義を受ける。それが契機となり、第一シーズン第二話にサンフランシスコのCSIからグリッソムに引き抜かれた。恩師譲りのワーカホリック。ただ、弱者、女性が犠牲になる事件では感情をむき出しにして捜査にのめりこみ過ぎる面もある。(強姦事件の際、自ら囮に志願した。)グリッソムに対して深い想いを抱いているが、彼のバリアに踏み込めないでいる。この状態を吹っ切ろうとしたのか、第三シーズンでは、ハンクという救急救命士の彼氏ができたが、彼が二股をかけていたことが分かり、短期間で破局。第四シーズン終盤では不安定になり、飲酒運転で捕まり、グリッソムに迎えに来てもらった。カウンセラーから自分の「過去」を上司に話すべきだと忠告されている。
CSI:科学捜査班 ウォリック・ブラウン
ウォリック・ブラウン(WARRICK BROWN)- ゲイリー・ドゥーダン(GARY DOURDAN)(CV:山野井仁)
CSI捜査官(特殊技能:オーディオ・ビジュアル分析)
チーム唯一のベガス出身。1970年10月16日生まれ。褐色の肌にグリーンの眼が印象的。7歳で母親を亡くし、祖母に育てられた。父に会ったことはない。様々な職に就きながら大学の学位を取得したが、その時々働いていた人脈が捜査で役立つ。基本的には真面目で上昇志向だが、無類のギャンブル好きで第一シーズン1,2話ではこれが新人の殉職の原因にもなる。それ以降、この中毒を克服するために並ならぬ努力を強いられる。自身も黒人系であるので、人種や貧困が絡む事件には敏感。
CSI:科学捜査班 ニック・ストークス
ニック・ストークス(NICK STOKES)- ジョージ・イーズ(GEORGE EADS)(CV:家中宏)
CSI捜査官(特殊技能:毛根・繊維分析)
テキサス出身。1971年8月18日生まれ。警官から転職。ユーモアにあふれ、非常に人好きのする人物だが、女性に対しては弱く、それがきっかけで事件に巻き込まれたこともある。アウトドア派。ディスカバリー・チャンネルが好き。ウォリックとは良きライバル。
CSI:科学捜査班 キャサリン・ウィロウズ
キャサリン・ウィロウズ(CATHERINE WILLOWS)- マージ・ヘルゲンバーガー(MARG HELGENBERGER)(CV:高島雅羅)
CSI捜査官(特殊技能:血痕分析)
夜番チームのサブリーダー格。1963年3月26日生まれ。モンタナ出身、ブロンド、碧眼の華やかなルックスで元ストリッパーという異色の経歴の持ち主。ある事件にかかわった際、彼女の才覚に気づいた警官から転職を勧められ、犯罪学の学位を取得し、CSIに転職した。母親も元ショーダンサー。実の父親はラスベガス有数のカジノのオーナーだが、折り合いは悪い。離婚歴があり、一人娘リンゼイの育児・教育に悩む一面もある。元夫エディとも確執があったが、彼は第三シーズンに死亡した。
copyright © 2005 アメリカのドラマ大好きブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。